英会話・英語教室

今春から本格的に小学校での英語教育が始まるのもあって、ここ最近では英語教室や英会話教室に通ったり、通信教育で英語を習う子供が増えています。教室で習う場合は音楽に合わせて歌ったり、踊ったり、ゲームをしたりと楽しみながら英語に慣れるというのが主流です。ここでは人気の教室を紹介します。

ECCジュニア
2・3歳児クラスでは保護者同伴レッスンを取り入れオリジナル教材を使った「知育遊び」を英語で行います。4・5歳児クラスでは飽きっぽい年齢でもあるこの時期の子にはバラエティ豊かな遊びの要素を取り入れてレッスンをしていきます。小学生になったら英語でのコミュニケーションの基礎を身につけ高学年では身につけた英語力を知識として整理します。費用は月謝で6,300円~、他に入学金、教材費がかかります。

ベネッセこども英語教室
英語にたくさん触れ、たくさん使う工夫が満載のプログラム、ひとりひとりの成長を教室・家庭の双方から応援できる仕組み、その子の得意・不得意を見出し得意分野は伸ばし、不得意分野は克服、それらを全力で先生が支援してくれます。年少、年中・年長、小1~小3、小4~小6、中1~中2コースがあります。費用は月払い約5,000円~、他に教材費がかかります。

ヤマハ英語教室
英語特有のリズムを正しい音声リズムで作曲されたオリジナルソングで体を使って自然に身につけていきます。年齢にあった適期教育でその年齢にしか引き出せないものをしっかりひきだします。3歳までは保護者同伴で同年代の友達と刺激しあい、集団のルールや思いやる気持ちも身につけていきます。コースは0歳児からあります。費用は月謝で2,100円~他に教材費がかかります。

イベント
英語教室ではハロウィーンやクリスマス、サマーキャンプなど季節にあったイベントがあるところもあります。通信教育でもこういったイベントがあるものもあります。

注意点
英語教室に通ううえで注意しておきたいのが「続けること」です。英語は使わなければどんどん忘れていきます。口コミでも小さいうちから始めたものの途中で飽きてしまったので辞めてしまったら学校で習う頃にはすっかり忘れていたという話もよく聞きます。ただ小さいうちに覚えた英語の発音は大きくなってもしっかり身についているようです。

家庭学習教材
我が家の子供も3歳から家庭で英語教材を使って遊んでいますが、やはり英語の発音だけはきれいです。DVDを見たり、CDを聴いたりしているだけですが、意外とリスニング力がついているのには驚かされます。毎日少しずつでも英語に触れ続けていることが大事だと思います。そういった点では家庭学習教材は毎日ただ聞き流すだけといったことが出来るので教室よりも手軽で簡単に始められるでしょう。