人気の習い事(小学生)

小学生の習い事で人気が高いのは男女ともに水泳、英語、そろばん、書道、そして学習塾です。これ以外に男の子では空手や柔道などの武道、野球、サッカー、女の子ではピアノやエレクトーン、バレエです。

水泳
人気の習い事としては常に上位にある水泳。始めた理由は子供の意見は「全然泳げないなんて恥ずかしい」「オリンピック選手みたいにスイスイ泳ぎたい」といったもの、親の意見は「体が丈夫になる」「全身運動で基礎体力が身につく」といったものです。小さい頃から始める子が多く、学年があがるにつれ勉強などに重点を置くためやめる子が多い傾向にあります。

英語・英会話
親の世代は学校で勉強した英語を全く活用できず、海外旅行に行っても何も喋れないということも珍しくありません。子供にはそんな情けない思いをさせたくないと英語や英会話を習わせる親が多いようです。小学校の授業にも取り入れられる事から、英語に慣れ親しむためにも吸収力のいい小さいうちから始める子も多いようです。

そろばん
今時そろばんなんて使わないのに何故そろばんが人気なのか。その理由は普通の計算では左脳しか使わないのに対し、そろばんでは同時に右脳も使います。つまり脳力トレーニングとして習わせる親が多いようです。他にも集中力の向上のためという理由もあります。

書道
こちらも昔から人気の習い事、習字。実際に習っていた親の世代の方が習って良かったと思い習わせる例が多く、また、姿勢が良くなる、しばらくはじっと座っていられるように、といった理由も多いようです。

その他
全体的な傾向として小学校の高学年になってくると学習面に重点をおくようになり、高学年の習い事ランキングでは学習塾が1位となっています。