咲かせよう子供の才能

子供の隠れた才能、ぜひ見つけて伸ばしてあげたいですよね。ところが子供の才能の芽が咲き始めるのは小学校高学年や10代前半からだそうです。ただこの時期は親が塾や勉強を優先させて習い事をやめさせてしまう傾向にあるようです。スポーツなどでプロになる人はこの時期に自ら率先して習い事を続けるそうです。

子供を観察しましょう
子供の才能を伸ばすのは本人の努力と家族の支援が必要不可欠でしょう。でも小学校の高学年になるまでただ手をこまねいて才能の芽が開花するのを待ってはいられません。一体うちの子はどんなことが好きなんだろう…?そう思ったら子供を観察してみましょう。何かに集中していたり、放っておいても勝手に始めたりすることはありませんか?うちの場合はお絵かきやパズルを始めるとものすごい集中力を発揮します。また歌や音楽に合わせて手をたたいたり踊ったりします。つまり芸術系の才能を伸ばしてあげるのがいいと思われます。友達の子はボール遊びや外遊びが大好きなのでスポーツ系の習い事を始めるそうです。こんな風に普段の生活からその子の好きなことや得意なことが見えてくるのでそこを伸ばしてあげるのが良いでしょう。

赤ちゃんの時にも才能が見つかる
ところが実は赤ちゃんの時にその子の才能を見つけてあげる手段があるのです。それが最近テレビ番組でも話題になった『遺伝子検査』です。その検査によって子供の潜在能力、可能性を知ることができるというものです。0歳のお子様から自宅で気軽に検査ができます。子供の潜在能力を知ることでその子にあった教育に重点をおいて無駄な時間や浪費を防ぎ効率的に教育投資をしようというものです。