幼児教室

幼児教室とは就学前の幼児期の教育のひとつでいわゆる家庭外での教育のことです。小学生や中学生でいえば「塾」に当たります。

幼児教室の種類
英語教室やピアノなどの音楽教室、水泳やサッカーなどのスポーツ系の教室など色々ありますが、ここでは人気の学習系幼児教室を紹介します。

小学館の幼児教室ドラキッズ
総合教育コースでは「あたま(情報・知識・技術を理解、応用する力)・こころ(自主性やチャレンジ力など自己表現する力、協調性や社会性など人間関係を作る力・からだ(遊びと学びを体験するのに必要な身体能力)」をバランスよく育てます。

公文
学年に関係なく個人のその時の実力に応じた自学自習プリントを使って学習する無学年式学習。幼児の場合ではさんすう・こくご・えいごから希望の学習ができ少しずつ先へ進むことで「自分でできる」を大切にしています。

学研の幼児教室
・教材遊びで能力を伸ばす・家庭で出来ない経験に挑戦し「できた→うれしい→もっとやりたい」の積み重ねで意欲を自身を育てる・自ら考え行動する力を育てる・がんばる力、集中力を伸ばす・思わず触ってやってみたくなる独自の教材で経験の場を広げる。これらの特長を活かし考える子・心豊かな子に育てていきます。

自治体の教室
上記のような有料教室だけでなく、地域の自治体などが運営する無料の教室もあります。指導員や先生は幼稚園の教師免許を持っている方や保育士の資格を持つ方、育児経験を持つ方など様々です。資料請求をしたり、見学会にいったり、体験入学できるところもあるのでお子様にあった教室を探してみましょう。